2012年12月11日 第104回

水谷裕一様講演

■講師

水谷裕一 様

■演題

ある日本製薬企業のグローバル化黎明期における欧州での臨床開発活動

―ECからEUになる前後/ベルリンの壁崩壊後も含む―

■講演日時

平成24年12月11日(火) 東京国際フォーラムG508

講演 19:00~20:30(予定)

■講師略歴

1964年 大阪府立大学・工学部・経営工学科卒

1964年―1982年 山之内製薬(株)入社

主として非医療用医薬品分野の調査、事業開発、製品開発担当

1982-年―1986年 国際事業部にて、医療用医薬品導出先とのリエイゾン、その後ライセンス担当

1986年―1987年 ロンドン事務所 科学技術リエイゾン担当

1987年―1993年 フランクフルト事務所長(理事)

事務所開設、自社化合物のヨーロッパ臨床開発推進

1993年―2001年 国際開発本部/総括担当を経てGI山之内(株)GM他歴任

2001年―現在 (株)ウィズウィグ

本サイトの管理・運営は大阪府立大学東京同窓会が行っています。

各ページの内容に関連するお問い合わせは、当該ページに記載の問い合わせ先までお願いいたします。

Since 2004.5.10 サイトポリシー|©大阪府立大学東京同窓会